【起業起爆剤】やる気があれば数千円

起業するために必要なものは何でしょう。いわゆる初期投資ってやつですね。

その業種によって変わってくると思いますがよーく考えてください・・・。

 

もし、半導体製造とか独自製品販売とかならすぐにあきらめましょう。無理です。少なくとも現段階のあなたでは・・・。(もちろん廃人も無理ですよ)

なんて冗談はさておき、今の世の中、実はそんなに初期投資は重要ではなくなってきています。

廃人が独立したときにかけた初期投資は・・・ゼロに近いと思います。まぁ大掛かりなものが必要な業種ではなかったのが幸いでしたね・・・。

というのも全て持ち合わせのもので始められたからなんです。

 

例えば一昔前だと、事務所や店舗、スタッフや陳列する商品、もちろんそれらにかかる維持管理費など、様々なものが必要でした。水道光熱費もそうですね!

でも今だと、インターネットという最強のツールがあるので比較的無駄な設備投資やランニングコストがなくても始められるんです。

販売系であればネットショップ、製造系であればアウトソーシング、技術系であれば・・・それに使うツールさえあれば事務所などはいりません。

もしお金をかけるとすればネットの宣伝に使えばいいんです。

 

事務所は今住んでいるところや実家、メールはフリーメール、ショップはネットショップ、電話はいまお使いの固定電話、宣伝はネットで宣伝・・・。ね?下手すりゃすぐにでもできるレベルでしょ?

 

本当の事務所やショップ、独自ドメインのメールアドレスやWEBサイト、事業用の電話番号などは必要になってから準備すればいいだけです。

現在、廃人は法人格を取得していますが未だに自宅兼事務所、電話番号は自宅です。笑

 

だってまだそんなに余裕がないので・・・。悲

それに内側は外から全く見えませんから飾らなくてもいいんです。

 

昭和の時代錯誤ではありませんが、やる気と根性さえあれば始まりは案外簡単なもんですよ。本格的な問題はその後ってだけです。

下手に初期投資に使うお金があるなら起業後の維持費として蓄えておきましょう。