使っていく道具はどんなもの?

どうも廃人です。

起業をしようと思ったとき、色々と考える中の一つに『起業後に使っていく道具』はどうしよう・・・というものもあります。

機械修理系であればスパナや電動工具など、営業系であれば電話機や電話回線など、廃人のようなIT系であればパソコンやソフトウェアなど、その業種によって様々なものがありますね。

今回はその道具について【IT系の廃人の場合】に基づき書いていきます。

 

まず、起業するということを考えている段階で自分に必要な道具、というものはある程度把握していることと思います。

それら必要な道具ですが、共通で悩むところがメーカーや種類、導入する価格帯や機能性、そういった付加価値的なところと(絶対必要?あったら便利?)という必需性についてですね。

廃人の場合、IT系なのでパソコンは必需性も高いですし、機能性や性能も考えなければいけません。それにネット回線や電話回線も絶対必要ですし、もちろんメールアドレス、WEBサイトや機器をつなぐためのケーブルの類なども必要になってきます。

 

廃人は起業する際、使っていく道具は最新で高性能なものを揃えようと考えました。その道具を使って仕事をしてお金をいただくわけですから、やはり良いものを選ばないとだめですね。

パソコンは自作で組み上げすべての部品は最新のもの、ネット回線はすでに使っていましたが、事業の為に別の光回線を新たに引いて回線品質を上げること、そしてそれと同時に事業用の電話番号を取得し、メールアドレスやWEBサイトについては独自ドメインを取得して高性能レンタルサーバーを契約、その他のケーブルの類、接続機器などもランクの上のもの。

そう考え必要経費を簡単に試算してみると、やはり当たり前に高額になります。

廃人(ん〜〜〜、だめだ・・・これでは起業できない)

道具を一式、それこそ良いものを揃えないといけないと考えていた廃人は簡単に挫折することになりました。

だってやる気MAX!資金ゼロ!状態ですからね。始める前に現実を突きつけられたも同然、そう思っていました。

 

でも、本当の現実は違うと思い知らされました。それを実感したのは後に廃人の起業スイッチを押してれることとなるIさんの事務所でした。

廃人は顔見知りなったとき、Iさんの事務所にちょっとしたご挨拶で伺うことになりました。

初めてIさんの事務所へ入ったとき、Iさんの使っているパソコンやスタッフの使っている機器が目に入り

 

廃人(・・・この程度でいいの???)

 

と素直に率直に思いました。

Iさんの使っているパソコンは自作機(部品の寄せ集め)で、スタッフの使っている機器も故障品を直したもの。様々なケーブルは決してランクが上のものとは言えないものばかりでした。

しかも色々と話を伺うと、メールアドレスはまさかの光回線プロバイダから提供されたもの、WEBサイトもプロバイダの無料レンタルサーバー。更に度肝を抜かれたのが、WEBサイトを開いてみると・・・『404 NotFound』。

驚きを隠せなかった廃人は自分の考えていたことを素直に話すと、Iさん曰く

「廃人くん、まだ客がいないのにそんなの準備してどうするの?

このとき、自分がどれだけ勘違いをしていたのか痛いほど肌で感じましたよ。

 

以下Iさん語録を載せときます。すべて耳が痛かったです。

「始まりに投資する金があるなら維持費のために取っておいたほうが良い

「初めはそんなこと心配しなくても客は来ないから安心していい」

必要になったら必要なものだけを必要なところへ準備すればいい」

「この業界は成果物しか見られないから、何を使っても変わらない」

「初まったばかりの会社は怪しさしかないよ。WEBサイトなんてそんなにたくさん見に来ると思う?

「うちでも電話はあんまりならないよ。だって携帯にくるし。

「品質を高くした光回線でなにするの?

などなど・・・。

 

普通に冷静に考えればそうですよね。名も知れぬ一個人が起業したって、色々と準備したものを活用できるほどの仕事があるわけではないですよね。そんな無名起業人がどれだけ高性能・高機能の有名メーカーツールを持っていたとしても・・・だだの宝の持ち腐れになるのは明白です。

Iさんが教えてくれた本当の現実は、【道具よりも集客・継続】、ということでした。そして、まずは始めろということ。

 

起業をする際に必要な道具というのは、本当に最低限必要なものでよかったんですね。必要になればその時考えればいいだけの話だったんです。廃人はこの時を境に考えを改めるようにしました。

電話は今の家電があるし、ネットもすでに契約しているものを使えばいい話。それにメールアドレスやWEBサイトに使うドメインは実際に売上が上がってきてから考えよう。それまでは今の世の中色々な無料サービスが利用できるし。

メインツールとなるパソコンは持ち合わせの部品で作り上げてみよう。だめなら古いけど使えるノートパソコンがある。ケーブルの類は・・・その時必要になれば今使っているケーブルを代用すれば済むし、販売できるようなチャンスがあればその時揃えればいい。

 

この転機があったからこそ廃人は先に進むことが出来ました。実際に起業してみると、Iさんの言っていたことがすべて理解できます。もしあなたが起業をしようと思って道具のことを考えるとき、是非この記事を思い返してくれたら幸いです。

道具は最低限で大丈夫!今使えるものがあればそれを使い倒すくらいの気持ちで進んだほうが絶対にうまく行きます。

それではまた今度・・・。