寒くなってきましたね

どうも、廃人です。

最近めっきり冷えてきました。

廃人は季節の変わり目はひじょーーーに体が弱くなります。病弱です。

今年は【体が資本】の難しさが理解できた出来事が一つありました。

何でもそうですが、自己管理は重要です。^^;

 

廃人は去年の12月あたりから咳が止まりませんでした。こうなんというか、肺の奥から出てくるような咳です。

まぁ自己管理の意識が足りない廃人はその咳をこらえながら(いつか治るでしょ)ってな感じでとっても軽く考えて日々を過ごしていたわけです。

年越しの前ですかね、今度は悪寒も「こんにちは」ですよ。それでも(いつか治るはず・・・)と考えていました。

そして年越しの時、更に今度は高熱が「やっほ〜〜」とやってきました。

 

廃人(やばい、・・・これはいつもの気管支炎とは違う・・・)

 

廃人は気管支炎が癖になっていまして、ちょくちょく「ゲホゲホッ」って時期があるんですね。でも今回はなんか様子が違う・・・。

 

嫁「医者にいくぞ」

 

医者嫌いの廃人にそう言うわけです。当たり前です。なのでしぶしぶ(どこまでもアホです)嫁に連れられ病院に行きました。

 

〜病院にて〜

=受け付けを終えて診察後の検査=

レントゲン(X線パシャー)

血液検査(注射チクー)

粘膜検査(綿棒鼻グサー)

看護師「はい、ちょっとお待ちくださいねー」

 

〜数分後〜

看護師「廃人さーん!こちらへどうぞー!」

廃人「はーい!」(何故か咳をこらえる愚者)

 

廃人「先生、どうでした?」

医者「はいはい、肺炎ですね!」

 

廃人(・・・・・・)

医者「今日は入院の手続き出来ます?通院で頑張ってみます?」

 

廃人「出来ません!!通院で!!」(必死)

 

医者「じゃ絶対に安静にしてくだいね。本当なら入院ですから・・・。」^^;

 

という出来事がありました。笑

一週間後の再検査で改善の兆候がないときは強制入院と釘を刺されて帰りましたが、【絶対安静】なんて正直無理です!泣

 

だって仕事が・・・仕事が廃人を待っているーーーーー!!

 

まぁ結局は無事に通院で治すことができまして、入院は免れた次第です。笑

絶対安静については・・・まぁ仕事をしながらですね!もちろんいつも以上に体に気を使ってはいましたよ!^^;

 

独立すると、仕事をメインで考えないといけないところがサラリーマンと一番違うところです。

廃人みたいな超絶弱小零細企業だと、正直な話、代わりはいくらでもいるんですよ。だから最悪、切られることもあるんです。

まぁなので今回みたいなことがあった時、スタッフの数も限られていますしやはり休めない。それが現状。泣

 

廃人は【体が資本】=【体をいたわりながら酷使しましょう】ということと理解してとりあえずは続けていきます。^^

起業家には【体が資本】って、本当に難題ですね・・・。