起業へ向けて

どうも廃人です。

前回は【起業のきっかけ】について書いてみました。

ん〜〜・・・思い返すと、ただのわがままでメチャクチャで非計画的な人ですね。廃人は。笑

今回は、説得して根負けした嫁と起業へ向けて少しずつ歩み出すあたりを書いてみますかね。

とっても大きな買い物もします。

 


 

〜2008・2009年〜

イノシシのごとく視界が【起業】しか見えていない廃人に説得され、無理やり起業への流れを作らされてしまった嫁。

嫁も流されるのかと思いきやしかしそこはさすが嫁、【計画的・冷静・超現実的な性格】で廃人の頭を急速冷凍。

嫁「じゃーわかった、起業するのは良いんだけど・・・」

ということで、起業したらできなくなることを廃人の凍ったスポンジ脳みそに染み込ませていきました。

 

  • カードが作りづらくなる
  • 家のローンも組みづらくなる

 

などなど、会社員だからこそ出来ていたものが非常に難しくなることを説明。

廃人「よし、全部やっちゃおう!」

ということでカードを作成。会社員だから簡単に審査が通ります。

家も建てちゃえ!ということ・・・ですが・・・

 

この家については前々から話は出ていたのは確かなんです。ただ貯蓄が無かったので踏ん切りがつかない状態・・・。しかしこの当時、既に子供が騒ぐ年齢にもかかわらず賃貸アパート。しかも2階。

息子(ドタドタドタドタッ)

廃人&嫁「ほら、騒いじゃ駄目よ!!」

なんて生活で、子供たちにストレスを溜めさせてしまっている状態でした。

 

廃人「子供&起業のために家を建てるぞー!!!!」(使命感)

 

ということでまさかの頭金ゼロ、全てローン(T_T)で進めました。もう気持ちはイノシシですよ・・・イノシシ。

なお、建築構想から行動に移すまでに息子2が誕生してます・・・。

まぁどっちみち起業するなら賃貸では無理ですし、もとはといえば子供の為にそもそも考えていたものだったので、そういう意味では【起業】はとても力強い後押しだったのは確かです。それに

ちなみにですが、家を建てるってどんな感じかわかります?建てたことがある人なら解ると思いますが

 

超絶めんどくさい!!!!

 

外壁は何にする?

壁紙はどれにする?

玄関ドアは?

コンセントの数は?

床の色は?

扉の色は?縁の色は?

などなどなどなど・・・。

 

もうね、・・・クタクタですよ・・・。

あとね、これから家を建てようと考えている人にこれだけは言っておきます。

 

設計前の夫婦で考えた予算、意味ないですから!

 

廃人&嫁も「安く建てよう!!」って話していたんです。子供と起業のためですからね、最低限のスペースと基本的な機能があれば、という計画でしたよ・・・当初は。

余計なものはいらないねー、質素な感じでいいよねー、家を建てたら騒いでいる子どもたちを無駄に叱らなくてすむねー、よかったねー・・・って・・・。

 

=展示場内にて商談中=

コンセントの数これだと足りないねー、キッチンはやっぱりこれだよねー、食洗機は必要だよねー、ウォークインクローゼットはほしいよねー・・・。

 

・・・・・・。

 

フルオプションの住宅展示場の存在意義はここにあるんです・・・。

 

そんなこんなでなんとかまとまり、無事契約&建築開始。いままでの会話はどこ吹く風・・・。

 

そんなこんなでいつの間にかオプションまみれの家が完成しましたとさ・・・。

まぁ大きなトラブルも特になく、これでやるべきことはすべて完了!もうやり残していることはない!!ということであとは【時期】を待つのみ!

 

 

廃人(もう引き返せない!引き返す気もない!!)

息子1「ドダドダドダドダ==ドダドダドダドダ==ドダドダドダドダ==」

息子2「バブバブ==バブバブ==バブバブ==」

 


 

この期間は起業の前にやるべきことが出来た期間でした。

嫁が色々と調べてくれたり計画を練ってくれたので、廃人はそれに従い(これも嫁の起業へ向けたサポートのうち)と気持ちを切り替えていました。笑

カードもこの時期に作っておいて正解でした!起業したては信用ゼロの「こいつ、金払えるの??~_~」ってレベルになるので、起業前にこそカードを作るべきです!唯一の命綱レベルで作るべきなんです!!

 

まぁしかし新築は本当に疲れました!これは嫁も同じ意見だと思います(だと思いたい!)

ちなみにこの新築住宅ですが、完成の翌日には白い部屋の壁はたくさんの色鉛筆とクーピーで鮮やかに装飾されました!!^^;

 

帰宅嫁「え!!なにやってんの======!?!?」

息子’s(カキカキカキカキ)

息子1「だって『良いよ』って言ったよ!」

酔っぱらい廃人「wwwwwwwwwwww」

帰宅嫁「・・・・・・・・」

 

次回は【起業と社長の間〜修行を申し出〜】を書いていきますか。

それでは・・・。